*All archives* |  *Admin*

2018/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
鹽竈神社 (和歌山 和歌山市)

和歌浦天満宮 其の弐の続きになります。

権現前からバスに乗り、
不老橋で降りました。



13furou00.jpg

不老橋



13furou01.jpg

片男波松原にあった
紀州東照宮御旅所の移築に際して、
第10代紀州藩主徳川治寶の
命によって架けられたそうです。
嘉永4年(1851年)に完成しました。
江戸時代のアーチ型石橋は、
九州地方以外では大変珍しいそうです。




13furou02.jpg

勾欄部分は雲を文様化したものが見られます。





13siogama00.jpg

不老橋の前にある鏡山と鹽竈神社






13siogama01.jpg

鹽竈神社
和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

御祭神
鹽槌翁尊(しおづちのおじのみこと)
祓戸大神四座(はらへどのおおかみよざ)

玉津島神社の祓所から神社になったそうです。





13siogama02.jpg

手水





13siogama03.jpg

中に入り




13siogama04.jpg

すぐの所に





13siogama05.jpg

和合の松



13siogama06.jpg

樹齢300年ぐらいの松だったそうですが、
2012年に、この上の部分が白蟻にやられて、
走行中の車に倒れたそうです。
怪我は無かったそうですが、
倒れてきて、さぞびっくりされたでしょうね。







13siogama07.jpg

.輿の窟(こしのいわや)
天野丹生明神(あまのにうみょうじん)の神輿が、
玉津島社に渡御する
「浜降り神事(はまくだりしんじ)」の際は、
神輿はまず「輿の窟」で清め祓いされ、
翌日玉津島社に渡ったそうです。





13siogama08.jpg

いただいた御朱印
御朱印は玉津島神社でいただきました。






ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

和歌浦天満宮から出て、権現前のバス停から、 来た道を戻る形でバスに乗り、不老橋で降りる。 しおがまじんじゃ。 鹽竈神社と書くが、「鹽」が出しにくいので、塩釜神社で。 手水舎。 社殿は、崖にかこまれたような場所に建っているせいか、 屋根の上に、落石防止らしい屋根がもうひとつ付いている。 社殿右。 手水舎の、向かいあたりに、こんな看...
カウンター
プロフィール

宙海(そらみ)

Author:宙海(そらみ)
関西を中心に回ってます。
方向音痴でぐるぐる回る事が多いので、
タイトルはそこからです(笑)
神社仏閣めぐり好きです。
写真を撮るのも、
美味しい物食べるのも好きです。

誤字、脱字、誤変換や
記載内容の間違いなど、
ご指摘頂けると嬉しいです。

*無断転載禁止です*

参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


最新記事
愛用しています♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
561位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
90位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR