*All archives* |  *Admin*

2018/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
信太森葛葉稲荷神社(大阪 和泉市) 其の弐

其の壱の続きになります。


楠大明神の入口にある

13kuzunoha20 - コピー

歌碑
「恋しくは訪ね来て見よ和泉なる
信太の森のうらみ葛の葉」

其の壱でも、簡単に書きましたが、

安倍保名が信太の森を訪れた際、
狩人に追われていた白狐を助け、
狩人達と争いになり、
傷を負ったところに葛の葉という女性がやってきて、
保名を介抱しました。
葛の葉が保名を見舞っているうち、
いつしか二人は恋仲となり、
結婚して童子丸という子供をもうけます。
この子が五つとなった秋、
神通力を失ってキツネの正体を現せてしまいました。
保名と子供に気づかれ、
もうこれまでと葛の葉は口にくわえた筆で
この歌碑の歌を書き残して去ってしまったそうです。
童子丸が後の安部清明ということです。





13kuzunoha21 - コピー

樹齢ニ千余年の楠木
枝ぶりが四方に繁茂しているので
「千枝(知恵)の楠」と呼ばれているそうです。

地域のフリーペーパーで
夫婦楠とも言われていて、
この楠の木の一方を抱えて、
恋愛成就を願うとご利益があるそうです。
確か雑誌でもそんな事が書かれていたように思います。
裏手にまわってお祈りするのも効果があるそうです。

暖かい時期はご神木に住む
白蛇様が木の上の方に顔を出すことがあって、
出会った人は幸運が訪れるそうです。



13kuzunoha24.jpg

違う角度からの楠
この写真ではそんなに大きな木とは
わかりにくいと思いますが、
大変、大きな木です。
この間行った時に少し離れて撮影したので、
もう少し後になりますが、載せたいと思っています。






13kuzunoha22.jpg

楠本大明神(白狐の神様)

ここの神社は石の祠が多いです。




13kuzunoha23.jpg

楠大明神(白蛇の神様)




長くなるので、次回に続きます。






ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信太森葛葉稲荷神社は、とてもたくさんの末社がある。 それはまた別記事で書くとして、 そのすべてにではないが、とても多くの狐がいる。 そして、葛の葉姫関係の狐もいる。 まず、上の写真にも、実は写っているのだが、 神門の屋根の上の狐。 よく、狛犬っぽいのが乗っかってる辺りにいる狐。 そして葛の葉姫関係の石碑。 ご神木の所の狐。 ...
カウンター
プロフィール

宙海(そらみ)

Author:宙海(そらみ)
関西を中心に回ってます。
方向音痴でぐるぐる回る事が多いので、
タイトルはそこからです(笑)
神社仏閣めぐり好きです。
写真を撮るのも、
美味しい物食べるのも好きです。

誤字、脱字、誤変換や
記載内容の間違いなど、
ご指摘頂けると嬉しいです。

*無断転載禁止です*

参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


最新記事
愛用しています♪
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
561位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
90位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR