FC2ブログ
蟻通神社 (大阪 泉佐野市) 其の参 

其の弐の続きです。


14ari33.jpg

六社明神







14ari34.jpg

石の祠







14ari35.jpg






14ari36.jpg






14ari38.jpg

北鳥居

私はいつもこちらから入っていました。
毎日ここの前を通っていました。
この鳥居の前でよく小銭が落ちていて、
この近くに交番があるので、
律儀に届けていたなと思い出しました。





14ari39.jpg











14ari40.jpg

狛犬さん





14ari41.jpg







ブログランキング・にほんブログ村へ








関連記事
蟻通神社 (大阪 泉佐野市) 其の弐 

蟻通神社 其の壱の続きになります。


14ari12.jpg

鳥居






14ari13.jpg

足神神社








14ari14.jpg









14ari15.jpg









14ari16.jpg









14ari17.jpg

どうぞお大事にと書いてるのがいいな。








14ari18.jpg

弁財天社












14ari19.jpg








14ari20.jpg








14ari22.jpg

和泉五社







14ari23.jpg









14ari24.jpg

住吉神社








14ari25.jpg















14ari26.jpg

多賀神社







14ari27.jpg









14ari30.jpg

智恵神社






14ari31.jpg






長くなるので、次回に続きます。






ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事
蟻通神社 (大阪 泉佐野市) 其の壱 

ご無沙汰しています。

今回はJR阪和線長滝駅から
南海本線の方に歩いて巡るお詣りです。
お出かけは2014.10末頃です。
この辺りが高2頃まで
(間の数年は堺市ですが)
私の生まれ育った所で、
思い出しながら巡りました。
実は地図を忘れてしまって、
記憶だけで巡ることになって、
お詣り出来なかった所もありますが、
懐かしみながらの
お詣りになりました(笑)

駅からまず向かったのは


14ari01.jpg

蟻通神社
大阪府泉佐野市長滝814

御祭神
大国主命

もとは長滝野添(現泉佐野市長滝)の
熊野街道沿いにまつられていたが、
第二次世界大戦中に現在の地に移りました。

ここは紀貫之ゆかりの話があるらしく、
紀貫之が紀州からの帰途、
馬上のまま蟻通神社の前を
通り過ぎようとします。
するとたちまち辺りは曇り雨が降り、
乗っていた馬が病に倒れます。
そこへ通りかかった里人(宮守)の進言に従い、
傍らの渕で手を清め、
その神名を尋ねたところ
「ありとほしの神」と言ったのを聞いて
歌を詠んで献上したそうで、
その歌の功徳で神霊を慰め、
霊験があらわれたため馬の病が回復し、
再び京へと旅立ちます。
実は里人(宮守)は
蟻通明神の神霊だったという伝承です。
枕草子「社は」の段に記載されているそうです。
公式HP参照





14ari00.jpg

南鳥居

毎日通学で前を通っていたのですが、
こっちの鳥居から入るのは初めてです。





14ari04.jpg








14ari05.jpg











14ari02.jpg

狛犬さん




14ari03.jpg

角度を変えてみたけど、
お顔を撮ることが出来ませんでした。







14ari10.jpg

参道






14ari06.jpg

神門





14ari07.jpg

狛犬さん




14ari08.jpg







14ari09.jpg

舞殿






14ari11.jpg

拝殿







14ari37.jpg

本殿に書かれている
紀貫之





14ari21.jpg

神馬





長くなるので、次回に続きます。





ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事