和歌山電鐵で行こう!津秦天満宮編
2013 / 04 / 14 ( Sun )

日前・國懸神宮の次は


12tuhata00.jpg

津秦天満宮(つはたてんまんぐう)へ行きました。

踏切のすぐ近くに鳥居があります。



12tuhata01.jpg

御祭神 菅原道真公

津秦の天満さんと親しまれているそうです。

道真公は
太宰府に向われる途中、
「千早の杜」(現、津秦天満宮の境内地)をたずねられ、
「わがたよる千早の宮のます鏡くもらぬすがたうつしてぞゆく」
「ふりかえりかへり行くかも別れにし、千早の杜の見ゆるかぎりは」と
御子、好寛公とのつきぬ名残りを惜まれ、
御子を隣村の神前の里、中務家に預けられたそうです。
筑紫安楽寺より、菅原道真公の画像を勧請したともいわれ、
また当地の道真公を敬信していた農民が、
京都北野天満宮に参詣した時の霊夢によって、
社殿を建てたとも伝えられているそうです。




12tuhata02.jpg

鳥居




12tuhata03.jpg

手水




12tuhata04.jpg

本殿




12tuhata05.jpg

狛伏牛


12tuhata06.jpg




12tuhata07.jpg

野槌社(牛神さん)




12tuhata08.jpg

稲荷社




12tuhata09.jpg

行者神変大菩薩、大日聖不動明王、八大龍王の堂





12tuhata10.jpg

恵比須社




12tuhata11.jpg

麻為比賣神社跡の石碑

延喜式神名帳に
「麻為比賣神社、本国神名帳従四位ノ上麻為比賣神」、
検田取帳に
「知和夜二段、知和夜姫敷地」とある。
享保年中、命あって石を建て、
麻爲此賣神享保甲辰の9字を刻む。
現在の天満宮の南、100mの所にあったものを
大正7(1918)年に津秦天満宮へ合祀、
石碑も現在地へ移転したそうです。




12tuhata12.jpg



12tuhata13.jpg




いただいた御朱印

12tuhata14.jpg


神社の方が色々とお話をして下さり、
行きはわかりやすいようにと
通ってきた道は歩道も無いし、
車が結構通っていて
危なかったので、道を尋ねると
親切に途中まで案内してくださり、
道を教えて下さいました。




和歌山電鐵で行こう!は次回に続きます。








ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事
16 : 21 | 和歌山 神社 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<和歌山電鐵で行こう! 竈山神社編 | ホーム | 和歌山電鐵で行こう! 日前神宮 國懸神宮 後編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/52-2a7a8107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
津秦天満宮
JUGEMテーマ:神社仏閣日前宮を出て、早速三社参りからそれて、別の神社へ行く。最寄り駅が同じだから仕方がない(゚∀゚)津秦天満宮。ここについたとき、どなたかがお詣りされている 猫舌日記 つづき【2013/04/14 22:21】
| ホーム |