スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京都旅行に行こう! 法然院編
2012 / 09 / 20 ( Thu )

お次は哲学の道から少し入った所

12hounen00.jpg




法然院です。
正式名は善気山法然院萬無教寺(ばんぶきょうじ)

奈良時代の初期
法然上人が草庵をもうけ
弟子とともに専修念仏の行を
修された旧跡だそうです。







12hounen01.jpg

不許葷辛酒肉入山門(くんしんしゅにく、山門に入るを許さず)
の石碑があります。
ニラやにんにくといった臭く辛い野菜や
肉などなまぐさものを食べたもの、
酒を飲んだものは、
山門に入るのを禁止するという意味だそうです。





茅葺きの山門

12hounen02.jpg





この山門をくぐると

12hounen03.jpg

白砂壇



12hounen04.jpg

わかり辛いと思いますが、
上面には水を表す模様が描かれています。



12hounen05.jpg

水を表わす砂壇の間を通る事は
心身を清めて浄域に入ることを意味しているそうです。




講堂

12hounen06.jpg

1694年建立の大浴室であったが、
現在は講堂として、
講演会、個展、コンサートなどに利用されているそうです。







十萬霊塔

12hounen07.jpg





地蔵塔


12hounen08.jpg





本堂

12hounen09.jpg

本堂の拝観は春と秋だけです。

特別公開は4月の椿が綺麗な時期が良いそうですよ。
法然院は「椿のお寺」とも言われているらしいです。
写真で見たけど、綺麗だった~!





多宝塔

12hounen10.jpg


12hounen11.jpg






本当はこっちから入るのかもしれない…


12hounen12.jpg



12hounen13.jpg







法然院の御朱印

12hounen14.jpg

娘の御朱印帳の大きさは
私の御朱印帳の約倍あります…
娘のは蛇腹式じゃなくて、
閉じてるタイプで
間に紙が挟まれてあります。
ちょと並べてみた。

娘の御朱印帳が大きいので、
筆とかも変えて書いて下さる事もあります。
並べてみると全然違うように
見える御朱印もあったりします。

娘は19歳(去年)から御朱印を集め出しました。
この年齢から始めると
かなり集まるんじゃないかと思うのですが、
1人では神社仏閣めぐりはしなくて、
友達は興味が無い、
私と一緒じゃないと行かないから
なかなか集まらないかも(笑)






ブログランキング・にほんブログ村へ








関連記事
14 : 35 | 京都 お寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<京都旅行に行こう! 大豊神社編 | ホーム | 京都旅行に行こう! 哲学の道で出会った♪編>>
コメント
* くんしん… *

おいらは、禅宗系の寺院でよく見ます。
臨済宗とか、黄檗宗とか。
by: ジャズマンひろくん@携帯から * 2012/09/21 * 11:47 * URL [ 編集] | page top↑
* Re: くんしん… *

こんにちは!

お返事が遅くなってすみません。
今まで、あまり気を付けて見ていなかったようで、
今回、初めて知りました。
禅宗系の寺院でよく見かけるんですね。
ありがとう!勉強になりました。
by: 宙海(そらみ) * 2012/09/23 * 11:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/4-75899972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。