スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
天王寺へ行こう! 愛染堂・勝鬘院編
2013 / 03 / 14 ( Thu )

大江神社からお次は


12aizen00.jpg

愛染堂・勝鬘院(あいぜんどう・しょうまんいん)

正式名称は勝鬘院ですが、
金堂に愛染明王が奉安されており、
愛染明王信仰の普及とともに、
勝鬘院全体が愛染堂と通称されています。
愛染さんの愛称で親しまれています。

西暦593年(推古天皇元年)
聖徳太子は敬田院、施薬院、療病院、悲田院からなる
四天王寺を建立されました。
その中の施薬院はあらゆる薬草を植え、
病に応じてあまねく人々に与えられるようにと
現在の愛染堂の場所に建立されたとのことです。

施薬院が勝鬘院と呼ばれるようになったのは
このお寺で聖徳太子が
勝鬘経というお経を人々に講ぜられ、
勝鬘経に登場するシュリーマーラー夫人(勝鬘夫人)の
仏像が本堂に祀られているため、
後にこう呼ばれるようになったそうです。




12aizen01.jpg

藥医門(やくいもん)

本柱2本の後方に控柱2本を
建てた門のことを藥医門と呼ぶそうです。
場所が施薬院だったこともあり、
まさに正真正銘の薬医門であるといえましょう。
公式のHPでは書いていました。





12aizen02.jpg

金堂

織田信長の大阪石山寺攻めの際に焼失しましたが、
徳川秀忠の手によって再建されたそうです。




12aizen03.jpg

多宝塔

こちらも焼失しましたが、
慶長2年(1597)豊臣秀吉により再建されました。
国の重要文化財に指定されています。
秀吉が戦勝祈願のために造像させたといわれる
大日大勝金剛尊像、
極彩色で描かれた十二天の壁画、
柱絵が奉安されているそうです。




12aizen04.jpg

大力金剛尊(だいりきこんごうそん)





12aizen05.jpg

如来塔(にょらいとう) 

身代わり地蔵 身代わり観音





12aizen06.jpg

愛染かつら

樹齢数百年といわれる巨大な桂の木は
大阪大空襲の時に表面が焼けたそうですが、
生き残ったそうです。
ノウゼンカズラのツルが巻き付き、
桂とカズラが一体となったその姿は
まるで仲の良い男女が
寄り添っているように見えることから、
「恋愛成就・夫婦和合の霊木」として祀られています。





12aizen07.jpg

七福神





12aizen08.jpg

気になった木にカメラを近づけて
ファインダーは覗かずに
撮影してみました。





いただいた御朱印

12aizen09.jpg




天王寺に行こう!は次回に続きます。






ブログランキング・にほんブログ村へ









関連記事
16 : 08 | 大阪 お寺 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<天王寺に行こう! 難波八阪神社編 | ホーム | 天王寺へ行こう! 大江神社編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/39-ac2c47dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。