天王寺へ行こう! 大江神社編
2013 / 03 / 13 ( Wed )

清水寺からお次は


12ooe00.jpg

愛染坂

坂の下り口ある愛染堂勝鬘院から
名付けられたそうです。

12ooe01.jpg

この愛染坂の近くにある



12ooe03.jpg

大江神社へ行きました。

御祭神 

豊受大神(とようけのおおかみ)

素戔嗚尊(須佐之男命・すさのおのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと・別名大国主命)

少彦名命(すくなひこなのみこと)

欽明天皇(きんめいてんのう)


天王寺七宮の1つで、
四天王寺の鎮守として、
聖徳太子が祀られたのを
起源と伝えられています。
四天王寺の乾(西北)に位置しているところから、
江戸時代には「乾社」と呼ばれ、
毘沙門天を祀っていたので、
「毘沙門堂」とも呼ばれていたそうです。
1867年(慶応三年)に大江岸(おおえのきし)に
続いた社地であったところから
大江神社となりました。
毘沙門天は明治維新後の神仏分離で
大津坂本に移ったということです。



12ooe02.jpg

鳥居




12ooe05.jpg

狛犬さん


12ooe06.jpg




12ooe04.jpg

この階段は百歳(ももとせ)の階段といい
101段あるそうです。
人生の区切り100歳よりあともう一歩
心も身体も健康でありますようにと
名づけられたそうです。



階段の途中に

12ooe07.jpg

大江護国神社があります。
ここは柵がしてあって
中に入ることができません。


12ooe08.jpg

明治3年(1870)山口藩が鎮祀、
同藩の志士48名の霊を祀っているそうです。



実は階段を登って少しすると
雨が降ってきて(一時のものですが)
お詣りはしたのですが、
なんと拝殿を撮影するのを忘れました…



12ooe09.jpg

奥の空き地にはもとは
毘沙門天が祀られていたそうです。




12ooe10.jpg

狛虎


12ooe11.jpg

狛虎は江戸時代に祀られていた
毘沙門天の守護だそうです。
明治の神仏分離で「吽形」が滋賀に移され、
残った「阿形」も大阪大空襲で焼夷弾を受け、
耳がとれ歯も欠けてしまったそうです。
平成15年8月、地元有志が
「狛虎を一対にしたら優勝するのでは」と
「吽形」の狛虎をつくり、
その年、阪神タイガースは十八年ぶりに優勝しました。
今ではタイガースの守り神として、
多くのファンがお詣りされているそうです。


12ooe12.jpg

この様子でファンが
お詣りされているのがわかりますよね。





12ooe13.jpg

日吉稲荷神社


12ooe14.jpg




12ooe15.jpg

社務所の近くで早咲きの桜が咲いていました。
お花を見るのは神社仏閣詣りの
楽しみの一つでもあります。






12ooe16.jpg

帰りはこちらの鳥居から帰りました。







いただいた御朱印

12ooe17.jpg

狛虎さんの印も押されています。





天王寺に行こう!は次回に続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事
16 : 03 | 大阪 神社 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<天王寺へ行こう! 愛染堂・勝鬘院編 | ホーム | 天王寺に行こう! 清水寺編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/38-0369dd56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大江神社
JUGEMテーマ:神社仏閣安居神社から、清水寺に詣って、大江神社へ。そのとき便利なのがこれ。つたい石、というらしい。大阪市の「歴史の散歩道」に選ばれている史跡に行く道に設置さ 猫舌日記 つづき【2013/03/13 18:23】
コマトラ
JUGEMテーマ:神社仏閣 タイガースファンのタイガースファンによる、タイガースのための狛虎。奧の空き地には、元は毘沙門天が奉られていたとか。  阿形の虎が、元々の狛虎で、推 猫舌日記 つづき【2013/03/13 18:23】
大江神社
JUGEMテーマ:神社仏閣 最寄り駅は、地下鉄四天王寺前夕陽丘。愛染さんから少し西へ。本殿。境内が広い。広い境内にぽつんと、井戸跡らしきものが。そこに腰掛けたおじさまに群れる 猫舌日記 つづき【2013/03/14 00:37】
| ホーム |