スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
天王寺に行こう! 堀越神社編
2013 / 02 / 25 ( Mon )

これは昨年の3月の末頃に行った時のです。
天王寺中心に回って来ました。
この時もまたまた猫舌さんとご一緒しました。
まずは

12horikosi00.jpg

堀越神社へ行きました。

御祭神 第三十二代 崇峻天皇

聖徳太子が叔父にあたる崇峻天皇の徳を偲び、
四天王寺の守り神(天王寺七社の一つ)として、
四天王寺建立と同時に茶臼山の地に
建立されたと伝えられています。
明治中期まで境内の南沿いに美しい堀があり、
この堀を越えて参詣したので、
堀越という名が付けられたそうです。
古くから大阪では
「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」
との言い伝えがあり、
男の四十二才の厄年には、
東向きの神社にお参りすると
厄除けになると言われているそうです。



12horikosi01.jpg

鳥居




12horikosi03.jpg

狛犬さん


12horikosi02.jpg





12horikosi05.jpg

手水舎





12horikosi06.jpg

拝殿





12horikosi08.jpg

茶臼山稲荷神社

昔は茶臼山の頂上に祀られていましたが、
大坂夏の陣後は現在地に祀られています。




12horikosi09.jpg






12horikosi07.jpg

太上神仙鎮宅霊符尊神

ちんたくさんと呼ばれる
お守りやお札の元祖の神様です。





12horikosi04.jpg

白龍社

黒龍社もあるのですが
写真を撮り忘れたみたいです…





12horikosi10.jpg

熊野第一王子之宮

熊野詣は、目的の熊野三山順拝の前に、
熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社を
順拝しながらたどっていきます。
京の都から船で淀川を下り、
上町台地へ上陸する天満の港に「窪津王子」がありました。
ここが熊野への出発点で九十九王子の第一王子窪津王子に
参拝して御祓を受けた後、熊野詣に出発したといわれています。
この「窪津王子」はその後、
四天王寺の西門鳥居近くの「熊野神社」に
鎮座していたと伝えられていますが、
後に堀越神社に合祀され
「熊野第一王子之宮」として現在に至ります。




頂いた御朱印

12horikosi11.jpg




追記
友達から御朱印1枚忘れてるよと連絡がありました。

12horikosi12.jpg

1年ほど前で1枚しか頂いてないと思って
勘違いしていたみたいです…




長くなるので、次回に続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事
10 : 54 | 大阪 神社 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<天王寺に行こう! 四天王寺編 其の壱 | ホーム | ドライブに行こう! 猿田彦神社(有田市)編>>
コメント
* 新説?聖徳太子 *

初めまして、日ユ同祖論の本でアマゾンでベストセラーになっている真説ニッポン伝説と日本人と言う本を読んだのですが1度読まれてみるのはいかがでしょうか?
聖徳太子について目からウロコの事実が書かれていて興味深かったですよ。
著者は藤本 玄と言う人です。
by: 佐藤真貴子 * 2013/02/28 * 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
* Re: 新説?聖徳太子 *

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
機会があれば呼んでみたいと思います。
by: 宙海(そらみ) * 2013/03/02 * 01:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/31-d2734c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
堀越神社
JUGEMテーマ:神社仏閣以前七福神巡りをしたときに、時間がかかりすぎて廻れなかった、四天王寺さんに行こう、ついでに周辺も廻ろうと、友達と、リベンジ。天王寺集合でまずはこちら 猫舌日記 つづき【2013/02/25 21:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。