六道珍皇寺 (京都 東山区)
2015 / 04 / 01 ( Wed )

ハッピー六原の小さなお稲荷さんからお次は


13tinnouji00.jpg

六道珍皇寺へ
京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595

ご本尊
薬師如来

門前の辺りはこの世とあの世の境域、
冥界の通り道
六道の辻と言われています。

六道とは
人間の生前の善悪によって
導かれる冥界のこと。
天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄の
六界に分けられるそうです。






13tinnouji01.jpg

特別拝観 寺寶展をやっていました。
ちなみにお詣りしたのは2013.09.25です。






13tinnouji02.jpg

閻魔堂
閻魔像と小野篁像がいつもなら、
小窓からしか見られないのですが、
この日は扉が開けられています。
撮影は禁止なので、建物だけ撮影






13tinnouji03.jpg

迎え鐘
毎年盂蘭盆にあたって精霊を迎えるために
撞くので「迎え鐘」というそうです。
この鐘は、古来よりその音響が
十萬億土の冥土にまでとどくと信じられ、
亡者はそのひびきに応じて
この世に呼びよせられるといわれているそうです。





13tinnouji04.jpg

本堂

中に入って、
ご本尊のお詣りとお話を聞き、
十界之図なども見せていただきました。





13tinnouji05.jpg

日中は学者官僚として内裏に務め、
夜は閻魔大王に努めていた小野篁が
閻魔王庁へ行く入り口の井戸が残っています。

建物から降りての撮影は禁止
でも、降りて見学は出来ます。




13tinnouji06.jpg

冥土通いの井戸

ここが入り口の井戸です。
この世に戻ってくる出口の黄泉がえりの井戸は
近年発掘されました。

出口は嵯峨と言われていました。
そのことを猫舌さんが質問すると
文献には載っていたのですが、
よその土地だったので調査が出来ず、
近年買い取って発掘したと言うことでした。

撮影は出来ませんでしたが、
黄泉がえりの井戸も見学させていただきました。







13tinnouji07.jpg

いただいた御朱印

特別拝観の時には
限定御朱印も出ます。





ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事
12 : 02 | 京都 お寺 | トラックバック(3) | コメント(4) | page top↑
<<六道珍皇寺と西福寺の御朱印 | ホーム | 商店街のお稲荷さんと幽霊子育て飴>>
コメント
* No title *

私も六波羅蜜寺に出かけた折に、六道珍皇寺によったことがあり、その時のことを思い出しながら、興味深く読みました。私の時と比べて、いろいろ貴重な体験をされているのでうらやましい限りです。ただ、撮影禁止が多いのが残念です。
by: たんめん老人 * 2015/04/01 * 13:39 * URL [ 編集] | page top↑
* 出入口 *

こんにちは。いつもお世話になっております。
買い取って発掘とは、すごいですね。なるほど、入口があれば出口がある。ほほぅ。猫舌お姉さま、さすがの質問です。
いつも冬の薄暗い時しか訪問した事がないので、やはり特別拝観の時に行かなくては。

リンクの件、ありがとうございます♪とても嬉しいです。
こちらもさせていただきたく、改めまして。
よろしくお願い申し上げます。
by: つねまる * 2015/04/01 * 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
* たんめん老人さんへ *

おはようございます。
やはり、特別公開で、参拝料も払っていますので、
色々体験出来るのだと思います。
撮影禁止はそれが売りになっているのでしょうから、
仕方ないと思います。
by: 宙海(そらみ) * 2015/04/02 * 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
* Re: 出入口 *

つねまるさんへ

おはようございます。
さすがに通勤するには遠いですからね。
私だと、人見知りするので、
質問するのもすっごく勇気がいるので、
質問してくれると、ありがたいです。
特別参拝、是非一度行ってみて下さい。
現在かかれた十界之図もなかなか面白かったですよ。
リンクの件、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。
by: 宙海(そらみ) * 2015/04/02 * 09:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/188-d37d9fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
六道珍皇寺 1
西福寺から東に進む。 大椿山六道珍皇寺。 特別拝観 寺寶展。 普段はこのまま入るのだけれど、今回は特別拝観と言うことで、 門を入ったところで、拝観料を払う。 特別だから、薬師堂も開いてるし、 閻魔像と、小野篁像のあるここも開いている。 普段は小窓から眺める像も、はっきり見られます。 そして迎鐘。 お盆に、ご先祖の霊... 鳥居をくぐって【2015/04/01 18:13】
六道珍皇寺 2
さて、本堂に上がらせていただいて、即、 井戸の見学というわけではなかった。 まず、ご本尊のお詣りと、珍皇寺の説明などを聞き、 次の間で、十界図などを見せていただく。 その次の間で、最近描かれた十界図の説明。 ポップでカラフルなのはいいとして、 古い十界図にあった、老いの坂の、入り口出口の鳥居がないのは、 何故なんだろう? 鳥居ないんだ(・´з`・) そして、説明の時に「... 鳥居をくぐって【2015/04/01 18:14】
六道珍皇寺 3
珍皇寺の限定朱印。 夏の六道参りの時に、限定朱印が出るのは知っていたが、 暑くていつも行けないので、 この特別拝観で出してくれてたりしないかなーという、 淡い期待を持って、お金も持って行ってみたわけですが。 出てました。 しかも、秋の特別拝観限定も。 この、秋の限定。 私が行ったとき、既にラスイチ。 現品限り、展示品のみ。 さあどうする。 今回友達と二人で行ったが、... 鳥居をくぐって【2015/04/01 18:14】
| ホーム |