スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京都旅行に行こう! 新熊野神社(いまくまのじんじゃ)編
2013 / 01 / 14 ( Mon )

西本願寺から宿に戻り、
宿の近くからバスに乗り、
お次は新熊野神社(いまくまのじんじゃ)へ行きました。


12imakumano00.jpg


後白河上皇によって、
紀州熊野の地から勧請された
熊野権現本宮のご祭神。

建立の祭には聖地熊野より
土砂や材木を運び、
神域には那智の浜の青石の小石を
敷き詰めたと言われる京都三熊野の一つだそうです。

「熊野十二社権現」とも言われ、
熊野三山の十二の神様全てお祀りをされています。

この辺りは昔、
梛が森のように茂っていて、
「梛の宮」と呼ばれていたそうです。

「新熊野」と書いて「いまくまの」と読むのは、
紀州の古い熊野に対する京の新しい熊野、
紀州の昔の熊野に対する
京の今の熊野という当時の都人の認識が、
その由来となっているそうです。


正式な参拝順路で回ったので、
順に紹介していきましょう。




まずは本殿
熊野牟須美大神(くまのむすびのおおかみ)
日本神話では伊弉冉尊(いざなみのみこと)

12imakumano01.jpg

牟須(むすび)とは生成・育成を意味する古代語で、
「生す(むす)+秘(ぴ)」の二語が合成された言葉です。
熊野牟須美大神とは、
熊野の大自然に鎮座し、
この世に存在するあらゆる生命の根源を
司っておられる神と言う意味で、
那智勝浦大社の主祭神だそうです。


この木が見えたら

12imakumano02.jpg

この矢印の方向へ

12imakumano03.jpg


速玉の社 結の社

速玉之男(はやたまのをの)大神
日本神話では伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

左が熊野家津美御子(けつみこの)大神
日本神話では素戔嗚尊(すさのをのみこと)


12imakumano04.jpg

中四社
忍穂耳命(おしほみみのみこと)
瓊々杵命(ににぎのみこと)
彦穂々出見命(ひこほほでみのみこと)
鵜茅草葺不合命(うかやふきあえずのみこと)

12imakumano05.jpg




熊野古道入り口

実際の熊野古道を通るのは大変だと思いますが

12imakumano06.jpg

入るとこんな感じ

12imakumano07.jpg

本殿の後ろ側になります。


ここを突き当たりまで行き、
曲がるとすぐ


若宮社
天照大神(あまてらすおおみかみ)

12imakumano09.jpg

中には入れないので、
本殿の右側からお参りします。



本殿の右側を通り抜け

12imakumano10.jpg



この奥の社が
下四社
火の神 軻遇突智命(かぐつちのみこと)
土の神 埴山姫命(はにやまひめのみこと)
水の神 彌都波能売命(みづはめのみこと)
食物の神 稚産霊命(わくむすびのみこと)

12imakumano11.jpg




そして、最後が
大樟社

12imakumano12.jpg

熊野の神々が光臨されるという影向の大樟


12imakumano13.jpg


いまくまの大権現

12imakumano14.jpg



大樟さんのさすり木
御神木の一部を切り出して作られたものだそうです。

12imakumano15.jpg

12imakumano16.jpg

熊野から運ばれてきた苗木を
上皇がお手植えされたとされ、
推定樹齢九百年

12imakumano17.jpg

上皇が腹痛の時、
この木に祈ると治ったといい「お腹の神様」としても
信仰をあつめているそうです。


12imakumano18.jpg



能楽発祥の地

12imakumano19.jpg
この地で行われた猿楽を見た
将軍 足利義満がその芸に感激し、
一座を率いていた親子に
観阿弥、世阿弥の名を与えた。
将軍の支援を受けたことにより、
息子の世阿弥はさらに芸術性を高め、
今日の能楽が大成できたそうです。




いただいた御朱印

12imakumano20.jpg

大きい御朱印帳が娘のです。








ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
13 : 36 | 京都 神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都旅行に行こう! 三十三間堂編 | ホーム | 京都旅行に行こう! 西本願寺編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/17-72b29f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。