玉造稲荷神社 (大阪 中央区) 其の壱
2015 / 02 / 04 ( Wed )

鵲森宮から次は


13tamatukuri00.jpg

玉造稲荷神社へ行きました。
大阪市中央区玉造2丁目3番8号

御祭神
主神 
宇迦之御魂大神

相殿 
下照姫命
雅日女命
月読命
軻遇突智命

大坂城の守護神として崇敬されたそうです。

古代、付近一帯は「玉作岡」と呼ばれ、
勾玉などをつくる玉作部が居住しており、
それが現在の玉造の名の起こりとなったそうです。






13tamatukuri01.jpg

1枚目の写真(東の入り口)のところから入りましたが、
こちらが南の入り口です。






13tamatukuri02.jpg

神額





13tamatukuri03.jpg

社号標





13tamatukuri21.jpg

大坂三十三所巡り 第十番札所碑
元禄時代、玉造稲荷神社に観音堂があり
大坂三十三所 観音の第十番札所だったそうです。








13tamatukuri04.jpg

手水





13tamatukuri05.jpg

拝殿





13tamatukuri06.jpg

狛犬さん



13tamatukuri07.jpg








13tamatukuri08.jpg

拝殿前にある小野小町歌碑

湊入りの玉つくり江に
こぐ舟の音こそたてね
君を恋ふれど 

昔、上町台地の東側は
海水の浸入する江湾地帯、
生駒金剛連山を見渡す景勝の地で、
平安時代には大和川が流れ、
その玉造江を小野小町が通った際に
詠んだ歌だそうです。





13tamatukuri09.jpg

「恋キツネ」の絵馬
2匹のキツネさんが寄り添って、
ハートになっているのが可愛いですね(^^)
恋愛成就 夫婦円満の絵馬です。






長くなるので、次回に続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
22 : 32 | 大阪 神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<玉造稲荷神社 (大阪 中央区) 其の弐 | ホーム | 鵲森宮 (大阪 中央区)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/164-8597845b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |