玉津島神社(和歌山 和歌山市) 其の弐
2014 / 10 / 16 ( Thu )

玉津島神社 其の壱の続きです。


13tamatu07.jpg

金高稲荷社

玉津島神社の御祭神の一柱でもある
衣通姫の名が付いた桜が丁度綺麗に咲いていました。
アップで撮り忘れました。
この金高稲荷社の所に
写っている桜が衣通姫です。



13tamatu08.jpg

衣通姫尊(そとおりひめのみこと)は
第19代允恭(いんぎょう)天皇の后で、
絶世の美女で、その美しさはまさに
衣を通して輝いたと言われています。
第五十八代の光孝天皇の夢枕に姫が現れ
「立ちかえり、またもこの世に跡垂れむ、
名もおもしろき、和歌の浦波」との
一首詠じられた故事によるもので、
玉津島の神は
住吉大神(攝津)・柿本大神(明石)とともに
「和歌三神」の一つとして、
崇められてきたそうです。





13tamatu09.jpg

天然記念物 根上り松
大正10年に和歌山市高松 から移された「鶴松」
14世紀初頭には、7本の大きな根上り松が
当神社のご神体だったとされたそうです。




13tamatu10.jpg

万葉歌碑

やすみしし わご大君の常宮と 仕え奉れる 雑賀野ゆ
そがひに見ゆる 沖つ島 清き渚に 風吹けば 白波騒ぎ
潮干れば 玉藻刈りつつ 神代より しかぞ貴き 玉津島山




13tamatu11.jpg

万葉歌碑

沖つ島 荒磯の玉藻 潮干狩満ち い隠りゆかば 思ほえむかも

わかの浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る





13tamatu14.jpg

社殿後方は、奠供山(てんぐやま)
今回は登らなかったのですが、
景色が良いらしいです。





13tamatu13.jpg

いただいた御朱印






ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事
12 : 45 | 和歌山 神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妹背山 (和歌山 和歌山市) | ホーム | 玉津島神社 (和歌山 和歌山市) 其の壱>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/135-e205c441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |