スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
橋姫神社 (京都 宇治市)
2014 / 05 / 14 ( Wed )

縣神社の次は

12hasihime00.jpg

橋姫神社に行きました。






12hasihime01.jpg

境内には橋姫(瀬織津比咩尊・せおりつひめのみこと)と
住吉神社が並んで祀られています。


646年(大化2年)宇治橋を架けられた際に、
上流の櫻谷(桜谷)と呼ばれた地に祀られていた
瀬織津媛を祀ったのが始まりだそうです。
当初は放生院常光寺敷地内で
橋の中ほどに張り出して造営された
「三の間」に祀られていたそうです。
「三の間」とは宇治橋の中央の
張り出した所だそうです。


12hasihime02.jpg

橋の張り出た所クローズアップして
写真を撮りそびれたので、
マンホールの写真を貼っておきます。
ここの張り出した所が「三の間」です。

その後、宇治橋の西詰に祀られていましたが、
明治3年の洪水による流出後は
明治39年に現在の場所に移されたそうです。

地元では「橋姫さん」と呼ばれていて、
縁切りの神様とされているのですが、
橋姫さんが川の汚れを河口まで
運ぶ役割を受け持っていたので、
「この世の苦しみや悪縁も
一緒に流し去ってもらいたい」と
人々がお参りするようになったためだと
言われているそうです。






ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
14 : 43 | 京都 神社 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<宇治橋 (京都 宇治市) | ホーム | 縣神社 其の弐 (京都 宇治市)>>
コメント
*  *

こちらの神社、ついうっかりと通り過ぎてしまいそうなたたずまいですよね。私は宇治駅の方から行ったのですが、「えっ、ここ?」っていう感じでした。

橋姫ちゃんのキャラなどもありましたね~。
by: たっつん * 2014/05/14 * 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
* たっつんさんへ *

おはようございます。

ホントに見落としそうな感じですよね。
この日は猫舌さんと一緒に回りました。
彼女がここって言ってくれてないと素通りしていたかもしれません。

橋姫ちゃん、貼ってありましたね。
こわかわキャラなんですね。
by: 宙海(そらみ) * 2014/05/17 * 08:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://guruguruikuyo.blog.fc2.com/tb.php/102-2673b2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。