養珠寺(和歌山 和歌山市)
2014 / 10 / 26 ( Sun )

妹背山の続きになります。

玉津島神社前からバスに乗り、
和歌浦のバス停で降りると




13benzai00.jpg

公園があり、その隣にある弁財天




13benzai01.jpg

ここはどうも、養珠寺の弁財天になるみたいです。





13benzai02.jpg

公園に咲いていた桜





養珠寺

和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目1−11

日蓮宗の寺院
山号は妹背山

13yousyu00.jpg

本堂

紀州藩主徳川頼宣の生母お万の方の
ゆかりのお寺だそうです。





13yousyu01.jpg

釈迦堂

この釈迦堂の前にいるのが



13yousyu02.jpg

ガメラとバルタン星人





13yousyu03.jpg

ゴジラ




13yousyu04.jpg

ウルトラマン



御朱印をいただいた時に
ご住職さんが
ここにゴジラを置いた経緯を
お話下さったのですが
凄くお話が長かったので、
これをわかりやすく、
長文にならないようにまとめるのは
私には無理だと思いました。

ゴジラとガメラは環境の話、
バルタン星人とウルトラマンは
父子の話という感じでした。
お話を聞きたいと言う方は
ご住職がお話をして下さると
言ってましたので、
興味のある方は
一度、訪問されるといいと思います。

猫舌さんの解釈によるとこんな感じ(笑)
↓ 
養珠寺と弁天堂




13yousyu05.jpg

いただいた御朱印
絵葉書もいただきました。





ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
16 : 42 | 和歌山 お寺 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
妹背山 (和歌山 和歌山市)
2014 / 10 / 22 ( Wed )

玉津島神社 其の弐からの続きになります。

玉津島神社からお次は

13imose00.jpg

妹背山へ
和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-28

妹背山は島の周囲が約250m
標高14mの小さな島です。





13imose01.jpg

妹背山に行くにはこの三断橋を
渡らなくては行けません。
中国の杭州西湖に架かる六橋をモデルにし、
初代藩主徳川頼宣によって架けられたそうです。





13imose02.jpg

経王堂




島をぐるっと回って反対側に行くと

13imose03.jpg

観海閣
頼宣が慶安年間(1648~1652)に
木造の水上桜閣として建立したもので、
対岸の紀三井寺と対面しています。
海や紀三井寺、名草山の景色を楽しむ場所です。
もとは紀三井寺の拝殿として建てられたそうです。
台風や高波の被害で、修理再建されてきましたが、
第2室戸台風で倒壊してしまったために、
鉄筋コンクリートで再建されたそうです。





13imose04.jpg

この階段を登ると






13imose05.jpg

海禅院の寺号標




13imose06.jpg

多宝塔
慶安二年(1649)、
紀州初代藩主徳川頼宣の生母養珠院が
亡夫徳川家康の三十三回忌追善供養のため、
多数の小石に書写した法華経題目を
妹背山に埋納し、
その上に小堂を建てたそうです。





13imose07.jpg

標高が低いのでこれは頂上まで、
行ってこなくてはと思って登ってきました。





13imose08.jpg

頂上へ向かう道





13imose09.jpg

頂上の景色




13imose10.jpg

反対側の頂上の景色
不老橋などが見えます。





13imose11.jpg

猫舌さんは頂上まで行かないと言うので、
ここで桜を堪能して待っていてくれました。






ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事
12 : 24 | 和歌山 お寺 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
玉津島神社(和歌山 和歌山市) 其の弐
2014 / 10 / 16 ( Thu )

玉津島神社 其の壱の続きです。


13tamatu07.jpg

金高稲荷社

玉津島神社の御祭神の一柱でもある
衣通姫の名が付いた桜が丁度綺麗に咲いていました。
アップで撮り忘れました。
この金高稲荷社の所に
写っている桜が衣通姫です。



13tamatu08.jpg

衣通姫尊(そとおりひめのみこと)は
第19代允恭(いんぎょう)天皇の后で、
絶世の美女で、その美しさはまさに
衣を通して輝いたと言われています。
第五十八代の光孝天皇の夢枕に姫が現れ
「立ちかえり、またもこの世に跡垂れむ、
名もおもしろき、和歌の浦波」との
一首詠じられた故事によるもので、
玉津島の神は
住吉大神(攝津)・柿本大神(明石)とともに
「和歌三神」の一つとして、
崇められてきたそうです。





13tamatu09.jpg

天然記念物 根上り松
大正10年に和歌山市高松 から移された「鶴松」
14世紀初頭には、7本の大きな根上り松が
当神社のご神体だったとされたそうです。




13tamatu10.jpg

万葉歌碑

やすみしし わご大君の常宮と 仕え奉れる 雑賀野ゆ
そがひに見ゆる 沖つ島 清き渚に 風吹けば 白波騒ぎ
潮干れば 玉藻刈りつつ 神代より しかぞ貴き 玉津島山




13tamatu11.jpg

万葉歌碑

沖つ島 荒磯の玉藻 潮干狩満ち い隠りゆかば 思ほえむかも

わかの浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る





13tamatu14.jpg

社殿後方は、奠供山(てんぐやま)
今回は登らなかったのですが、
景色が良いらしいです。





13tamatu13.jpg

いただいた御朱印






ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事
12 : 45 | 和歌山 神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
玉津島神社 (和歌山 和歌山市) 其の壱
2014 / 10 / 13 ( Mon )

鹽竈神社からの続きになります。
次は

13tamatu00.jpg

玉津島神社
和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

御祭神
稚日女尊(わかひるめのみこと)
息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)
衣通姫尊(そとおりひめのみこと)
明光浦霊(あかのうらのみたま)

社号標に「日本一社」と書いてあります。
玉津島神社という名前は
日本にここ1社しかないという意味だそうです。

玉津島一帯はまた玉出島ともいわれ、
いにしえ島山が恰も玉のように
海中に点在していたと想像され、
山部赤人の長歌に、
「神代より然ぞ貴き玉津島山」と詠まれ、
風光明媚な神のおわすところとして
崇められてきたそうです。





13tamatu01.jpg

鳥居





13tamatu02.jpg

鳥居の前の狛犬さん


13tamatu03.jpg






13tamatu04.jpg

手水





13tamatu05.jpg

拝殿





13tamatu06.jpg

神額





13tamatu12.jpg

丁度、桜が綺麗に咲いていました。




長くなりますので、次回に続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ








関連記事
10 : 23 | 和歌山 神社 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
鹽竈神社 (和歌山 和歌山市)
2014 / 10 / 09 ( Thu )

和歌浦天満宮 其の弐の続きになります。

権現前からバスに乗り、
不老橋で降りました。



13furou00.jpg

不老橋



13furou01.jpg

片男波松原にあった
紀州東照宮御旅所の移築に際して、
第10代紀州藩主徳川治寶の
命によって架けられたそうです。
嘉永4年(1851年)に完成しました。
江戸時代のアーチ型石橋は、
九州地方以外では大変珍しいそうです。




13furou02.jpg

勾欄部分は雲を文様化したものが見られます。





13siogama00.jpg

不老橋の前にある鏡山と鹽竈神社






13siogama01.jpg

鹽竈神社
和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

御祭神
鹽槌翁尊(しおづちのおじのみこと)
祓戸大神四座(はらへどのおおかみよざ)

玉津島神社の祓所から神社になったそうです。





13siogama02.jpg

手水





13siogama03.jpg

中に入り




13siogama04.jpg

すぐの所に





13siogama05.jpg

和合の松



13siogama06.jpg

樹齢300年ぐらいの松だったそうですが、
2012年に、この上の部分が白蟻にやられて、
走行中の車に倒れたそうです。
怪我は無かったそうですが、
倒れてきて、さぞびっくりされたでしょうね。







13siogama07.jpg

.輿の窟(こしのいわや)
天野丹生明神(あまのにうみょうじん)の神輿が、
玉津島社に渡御する
「浜降り神事(はまくだりしんじ)」の際は、
神輿はまず「輿の窟」で清め祓いされ、
翌日玉津島社に渡ったそうです。





13siogama08.jpg

いただいた御朱印
御朱印は玉津島神社でいただきました。






ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
14 : 21 | 和歌山 神社 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
和歌浦天満宮 (和歌山 和歌山市) 其の弐
2014 / 10 / 02 ( Thu )

和歌浦天満宮 其の壱の続きです。


13wakaura23.jpg

末社




13wakaura11.jpg

多賀神社






13wakaura12.jpg

豊受大神宮
天照皇大神宮






13wakaura13.jpg

白山比賣神社






13wakaura14.jpg

こちらが写真を拡大してみても、
社名が読めなかったので、判りません…






13wakaura15.jpg

住吉神社






13wakaura16.jpg

高富稲荷神社



13wakaura17.jpg







13wakaura18.jpg

楼門と廻廊





13wakaura19.jpg

潮騒の小径



13wakaura20.jpg





13wakaura21.jpg

いただいた御朱印




13wakaura22.jpg

間に挟んで下さった紙







ブログランキング・にほんブログ村へ









関連記事
10 : 56 | 和歌山 神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |