スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
南海電鉄で行こう! 住吉大社編 其壱
2013 / 05 / 26 ( Sun )

神明神社からお次は

12sumiyosi00.jpg

住吉大社へ向かいました。

実は参道からの鳥居の撮影に失敗していました^_^;
また、詣りたいと思っているので、
行った時に載せたいと思います。

住吉大社は「摂津国一の宮」
住吉神社の総本宮です。

神功皇后(じんぐうこうごう)は新羅出兵に当たり、
住吉大神に海上安全と戦勝の祈願をし、
戦勝凱旋の後、神託により
211年(皇后摂政11年)創建された神社だそうです。




12sumiyosi01.jpg

狛犬さん



12sumiyosi02.jpg




12sumiyosi03.jpg

太鼓橋

石の橋脚は慶長年間に淀君が
奉納したものであると言われています。
昔は、この橋の近くまで
波が打ち寄せられていたそうなので、
かなり埋め立てられちゃったんでしょうね。


12sumiyosi04.jpg

この橋を渡るのは、
神さまに近づくのに罪や穢れを祓い清めるためだそうで、
反っているのは、地上の人の国と
天上の神の国とをつなぐ掛け橋として、
虹にたとえられていたそうです。





12sumiyosi05.jpg

手水

水口が兎さんです。
神功皇后がお祭りされた日が
卯歳(うのとし)、卯月(うづき)、卯日(うのひ)であることから、
ウサギと深い結びつきを象徴したものだそうです。




12sumiyosi06.jpg

住吉鳥居と神門

四角柱の鳥居であるため、
角鳥居 (かくとりい) とも呼ばれています。




12sumiyosi07.jpg

神門の額




12sumiyosi08.jpg

第一本宮
底筒男命 (そこつつのおのみこと)



12sumiyosi09.jpg

第二本宮
中筒男命(なかつつのおのみこと)



12sumiyosi10.jpg

第三本宮
表筒男命 (うわつつのおのみこと)



12sumiyosi11.jpg

第四本宮
神功皇后(じんぐうこうごう)
(息長足姫命(おきながたらしひめのみこと))




長くなるので、次回に続きます。





ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト
関連記事
15 : 47 | 大阪 神社 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
南海電鉄で行こう! 神明神社編
2013 / 05 / 12 ( Sun )

泉州磐船神社を出て、井原里駅に向かい、
電車に乗りって、
お次は堺駅に向かいました。
堺駅からすぐ近くにある「神明神社」へ



12naban00.jpg

向かう途中の南蛮橋の上で
異人さんを発見!


12nanban01.jpg

異人さんの見ている方角は
堺の街中になります。
堺の人々を見てるんでしょうか?
ちなみに異人さんの見ている
反対側が海になります。
この海の方に行くと
旧堺燈台(きゅうさかいとうだい)があります。
現存する最古の木製洋式灯台のひとつです。
今回は予定に入れてないので、
行ってませんが一度行ってみたいと思っています。



12sinmei00.jpg

堺のお伊勢さんと呼ばれているみたいです。



12sinmei01.jpg

鳥居




12sinmei02.jpg

神額


御祭神
天照皇太神
豊受大神

天保12年(1841)に
堺町奉行水野若狭守(みずのわかさのかみ)は、
この町の繁栄、発展を祈り地域の氏神の奉斎を命じたのが 
神明神社の創建だそうです。

わずか9日で社殿が出来たことにより
「旭宮」と称したそうですが
慶應年間に主祭神が天照皇太神となり、
旭神明社と改称したそうです。
明治4年に新地神明社となり、
現在の社名となったのは明治30年頃だそうです。




12sinmei.jpg

狛犬さん




12sinmei03.jpg





12sinmei04.jpg

手水舎




12sinmei05.jpg

手水




12sinmei06.jpg

拝殿




12sinmei07.jpg

豊彦稲荷神社




12sinmei08.jpg

社務所に誰もいらっしゃらなかったので、
この呼び鈴で呼んでみました。




いただいた御朱印

12sinmei09.jpg




神明神社の近くには
蘇鉄山(そてつやま)があります。
一等三角点のある山としては日本一低いそうです。
登山認定書を神明神社でいただけます。
今回は時間が無いので行ってないです。
一度、行ってこなくては…



南海電鉄で行こう!は次回に続きます。





ブログランキング・にほんブログ村へ







関連記事
19 : 42 | 大阪 神社 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
南海電鉄で行こう! 泉州磐船神社編
2013 / 05 / 08 ( Wed )

昨年の5月11日に南海電鉄沿線を回った時のです。
この時もまたまた猫舌さんと一緒に回っています。

まずはすっごく気になっていた神社へ

12sensyuu00.jpg

井原里駅から歩いてさほど遠く無いのですが、
泉佐野駅からコミュニティバスに乗り、
上瓦屋町で降りるとすぐなので、
今回はそれで行ってみることにしました。




12sensyuu01.jpg

泉州航空神社と書かれていますが、
正式名は「泉州磐船神社」です。

御祭神は饒速日命(にぎはやひのみこと)

関西国際空港建設を契機として、
昭和58年12月10日に
嗜ヶ峰(いかるがのみね・交野市)の
磐船神社より御分霊を戴き建設されたそうです。





12sensyuu02.jpg

鳥居



12sensyuu03.jpg

普通は額が付いていることが多いのですが、
ここはプロペラが付いています。
ちなみにこのプロペラは回らないそうです。
そりゃそうですよね。
しっかり固定しないと危ないですよね。




12sensyuu04.jpg

手水




12sensyuu05.jpg

拝殿




12sensyuu06.jpg

さすがは航空神社です。
境内には奉納されたヘリコプターがあります。




12sensyuu11.jpg




御朱印をお願いすると
書き置きでもいいですか?と言われ、
御朱印帳に貼りましょうか?と言われたのですが、
お手を煩わせるのもと思い断ると、

12sensyuu07.jpg

出来るまで「航空資料館」でも見ていて下さいと
案内されて、鍵を開けて下さり、
中を拝見させて頂くことにしました。



12sensyuu08.jpg

計器やら、模型など
航空に関するものが色々と
展示されていました。



12sensyuu09.jpg

飛行機など好きな方には
嬉しいんじゃないでしょうか?



12sensyuu10.jpg

見学させて頂いて、
社務所の方に戻ると
御朱印帳に綺麗に貼られていました…
どうも、ありがとうございました。




そのいただいた御朱印

12sensyuu12.jpg





南海電鉄で行こう!は次回に続きます。





ブログランキング・にほんブログ村へ








関連記事
21 : 41 | 大阪 神社 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。