スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雲雀山 得生寺 (和歌山 有田市)
2015 / 03 / 04 ( Wed )

糸我村の一里塚のお次は

13tokusyou00.jpg

雲雀山 得生寺へ
和歌山県有田市糸我町中番229



13tokusyou02.jpg

中将姫ゆかりのお寺です。






13tokusyou03.jpg

本堂





13tokusyou04.jpg

扁額






13tokusyou05.jpg

賓頭盧尊者






13tokusyou06.jpg








13tokusyou01.jpg

中将姫の御影堂

この赤い台は
中将姫の命日にちなんで、
毎年5月13、14日の両日に
来迎会式が行われます。
15歳から12歳までの25人が
菩薩の面と袈裟や緋の衣をつけて、
25菩薩になってお渡りするそうです。







13tokusyou08.jpg

ぼけよけ地蔵






ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト
12 : 33 | 和歌山 お寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
養珠寺(和歌山 和歌山市)
2014 / 10 / 26 ( Sun )

妹背山の続きになります。

玉津島神社前からバスに乗り、
和歌浦のバス停で降りると




13benzai00.jpg

公園があり、その隣にある弁財天




13benzai01.jpg

ここはどうも、養珠寺の弁財天になるみたいです。





13benzai02.jpg

公園に咲いていた桜





養珠寺

和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目1−11

日蓮宗の寺院
山号は妹背山

13yousyu00.jpg

本堂

紀州藩主徳川頼宣の生母お万の方の
ゆかりのお寺だそうです。





13yousyu01.jpg

釈迦堂

この釈迦堂の前にいるのが



13yousyu02.jpg

ガメラとバルタン星人





13yousyu03.jpg

ゴジラ




13yousyu04.jpg

ウルトラマン



御朱印をいただいた時に
ご住職さんが
ここにゴジラを置いた経緯を
お話下さったのですが
凄くお話が長かったので、
これをわかりやすく、
長文にならないようにまとめるのは
私には無理だと思いました。

ゴジラとガメラは環境の話、
バルタン星人とウルトラマンは
父子の話という感じでした。
お話を聞きたいと言う方は
ご住職がお話をして下さると
言ってましたので、
興味のある方は
一度、訪問されるといいと思います。

猫舌さんの解釈によるとこんな感じ(笑)
↓ 
養珠寺と弁天堂




13yousyu05.jpg

いただいた御朱印
絵葉書もいただきました。





ブログランキング・にほんブログ村へ





16 : 42 | 和歌山 お寺 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
妹背山 (和歌山 和歌山市)
2014 / 10 / 22 ( Wed )

玉津島神社 其の弐からの続きになります。

玉津島神社からお次は

13imose00.jpg

妹背山へ
和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-28

妹背山は島の周囲が約250m
標高14mの小さな島です。





13imose01.jpg

妹背山に行くにはこの三断橋を
渡らなくては行けません。
中国の杭州西湖に架かる六橋をモデルにし、
初代藩主徳川頼宣によって架けられたそうです。





13imose02.jpg

経王堂




島をぐるっと回って反対側に行くと

13imose03.jpg

観海閣
頼宣が慶安年間(1648~1652)に
木造の水上桜閣として建立したもので、
対岸の紀三井寺と対面しています。
海や紀三井寺、名草山の景色を楽しむ場所です。
もとは紀三井寺の拝殿として建てられたそうです。
台風や高波の被害で、修理再建されてきましたが、
第2室戸台風で倒壊してしまったために、
鉄筋コンクリートで再建されたそうです。





13imose04.jpg

この階段を登ると






13imose05.jpg

海禅院の寺号標




13imose06.jpg

多宝塔
慶安二年(1649)、
紀州初代藩主徳川頼宣の生母養珠院が
亡夫徳川家康の三十三回忌追善供養のため、
多数の小石に書写した法華経題目を
妹背山に埋納し、
その上に小堂を建てたそうです。





13imose07.jpg

標高が低いのでこれは頂上まで、
行ってこなくてはと思って登ってきました。





13imose08.jpg

頂上へ向かう道





13imose09.jpg

頂上の景色




13imose10.jpg

反対側の頂上の景色
不老橋などが見えます。





13imose11.jpg

猫舌さんは頂上まで行かないと言うので、
ここで桜を堪能して待っていてくれました。






ブログランキング・にほんブログ村へ






12 : 24 | 和歌山 お寺 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
道成寺 (和歌山 日高郡)
2014 / 05 / 19 ( Mon )

2012.11にお出かけした時の記事です。

JR紀勢本線「道成寺」駅から向かったのは


12doujyouji00.jpg

天音山 道成寺(てんのんざん どうじょうじ)

本堂無料特別拝観をやっていたので、
行ってきましたが生憎の雨でした…

和歌山県下に現存する最古の寺と言われ、
文武天皇の夫人である宮子姫の願いで、
文武天皇の勅願により
701年(大宝元)に建立されたそうです。





12doujyouji01.jpg

仁王門(重要文化財)





12doujyouji03.jpg

仁王像



12doujyouji04.jpg







12doujyouji05.jpg

本堂(重要文化財)

南側と北側の両面に正面がある珍しい構造で、
両正面裏無し堂といわれ、
南正面は通常の正面で、
北正面は奈良に向かうように
建てられているそうです。




12doujyouji06.jpg

三重塔(県指定文化財)





12doujyouji08.jpg

安珍塚


12doujyouji07.jpg

安珍清姫物語で有名ですよね。
創建から230年経った、延長6年の物語で、
清姫に思いをかけられた熊野詣での修行僧安珍が
清姫から逃れるために
道成寺の鐘の中に身を隠したが、
蛇に化身した清姫がその鐘に巻き付き
鐘もろとも安珍を焼き殺してしまったという
「法華験記」(11世紀)に記され、「道成寺物」として、
能楽、人形浄瑠璃、歌舞伎でもよく知られています。




12doujyouji09.jpg

「鐘巻の跡」




12doujyouji10.jpg

道成寺にはその創建にまつわる
「かみなが姫(藤原宮子)」の伝説もあります。
文武天皇の夫人である藤原宮子の物語だそうで、
現在の御坊市の村長の家に生まれたそうです。
生まれてしばらくは髪が全く生えてこなかったそうです。
母親が海女で、海底で観音様を拾い毎日拝んでいたら、
娘に髪が生えてきたそうです。
かみなが姫と呼ばれる美しい娘に成長し、
美貌で才能のあった宮子姫は
藤原の不比等の養女として奈良へ行き、
宮中に仕えました。
そこで持統天皇に気に入られ、
文武天皇の夫人となったそうです。





12doujyouji11.jpg

道成寺の御朱印帳



12doujyouji12.jpg

いただいた御朱印







ブログランキング・にほんブログ村へ





18 : 16 | 和歌山 お寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。