天王寺 七坂巡り 其の四
2015 / 06 / 06 ( Sat )

其の参の続きです。

次の坂は

14aizen00.jpg

愛染坂



14aizen02.jpg





14aizen03.jpg






スタンプが押せるのは


14aizen04.jpg

愛染堂・勝鬘院(あいぜんどう・しょうまんいん)
大阪市天王寺区夕陽丘町5−36
愛染さんの愛称で親しまれています。

愛染堂は以前のお出かけの記事に
詳しく書いていますので、
興味のある方は
天王寺へ行こう! 愛染堂・勝鬘院編→ 






14aizen05.jpg

金堂





14aizen06.jpg

前に来た時は無かった
こんな物が置かれていた。





14aizen07.jpg

愛染かつら






14aizen08.jpg

多宝塔






14aizen10.jpg

愛染坂のスタンプ





14aizen11.jpg

いただいた御朱印






14aizen09.jpg

下から見た愛染坂




次回に続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ







14 : 41 | 京都 お寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
壬生塚 (京都 中京区)
2015 / 04 / 27 ( Mon )

壬生寺には壬生塚(新選組隊士の墓所)があります。


13mibu20.jpg

阿弥陀堂の奥にあります。




13mibu21.jpg








13mibu27.jpg










13mibu23.jpg








13mibu22.jpg

池に龍の像とアオサギの像と思ったら、
本物のアオサギだった…
動かなかったのですが、
帰りに向きが変わってました。






13mibu24.jpg

あゝ新撰組の歌詞が刻まれた碑 
100円入れると曲が流れるらしいですが、
お金入れる所がガムテープで塞がれていたので、
今は流れないかも?





13mibu26.jpg

新撰組顕彰碑






13mibu25.jpg

左 芹沢鴨と平山五郎の墓
右 新撰組隊士の合祀墓






13mibu30.jpg

左 河合著三郎の墓
右 近藤勇遺髪塔







13mibu28.jpg

近藤勇の像




猫舌さんに何撮ってるの?と聞くと
「近藤さんのポニテ撮ってる」と言うので、
横から見ると

13mibu29.jpg

「ほんまや~!ポニテ♪」
と言いながら、私も撮影しました(笑)





ブログランキング・にほんブログ村へ








16 : 16 | 京都 お寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
壬生寺 (京都 中京区)
2015 / 04 / 23 ( Thu )

元祇園梛神社・隼神社のお次は

13mibu01.jpg

壬生寺へ
京都市中京区壬生梛ノ宮町31

ご本尊
地蔵菩薩

新選組縁のお寺で有名です。




13mibu00.jpg

表門






13mibu02.jpg

水口
猫舌さんのところを読んで無かったら、
亀と書くところだった(^_^;)
確かに耳と牙があるから、
贔屓なんですね。
なんで、喉から水がでてるんでしょうね?





13mibu03.jpg

本堂





13mibu04.jpg

千体仏塔




13mibu05.jpg






13mibu06.jpg

弁天堂








13mibu07.jpg

水掛地蔵堂




13mibu08.jpg









13mibu09.jpg

一夜天神堂





13mibu10.jpg






13mibu11.jpg









13mibu12.jpg

三福川稲荷





13mibu13.jpg









13mibu14.jpg

いただいた御朱印





何か壬生寺
写真いっぱい失敗して、
載せられてないとこがいっぱいです(^_^;)







ブログランキング・にほんブログ村へ








15 : 55 | 京都 お寺 | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
六道珍皇寺と西福寺の御朱印
2015 / 04 / 03 ( Fri )

珍皇寺の特別拝観の限定御朱印を
前回の記事を書く時に見当たらなくて、
載せてなかったのですが、
御朱印帳を入れているところじゃなくて、
本棚にファイルに入れて置いてあったみたいで、
本の整理をしていてみつけました(^_^;)
なので、限定御朱印をご紹介します。


13tinnouji08.jpg

左 小野篁
右 閻魔大王






13tinnouji09.jpg

左 薬師如来
右 地蔵菩薩


他の限定御朱印は猫舌さんのところにupしているので、
見たい方はこちらへ→ 


それから、西福寺の御朱印も一緒のファイルに入れていたので、
そちらもご紹介します。






13saifukuji00.jpg

西福寺
京都市東山区松原通大和大路東入二丁目轆轤町81

ご本尊
阿弥陀如来

弘法大師が辻堂を建て、
自作の地蔵尊をまつったそうです。



お詣りはしたのですが、
人がいっぺんに入ってきたので、
写真は後で撮ろうと思っていたら、
御朱印をいただいて、
写真を撮るのを忘れて帰ってきました(;´д`)トホホ…





13saifukuji01.jpg

いただいた御朱印





ブログランキング・にほんブログ村へ






14 : 39 | 京都 お寺 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
六道珍皇寺 (京都 東山区)
2015 / 04 / 01 ( Wed )

ハッピー六原の小さなお稲荷さんからお次は


13tinnouji00.jpg

六道珍皇寺へ
京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595

ご本尊
薬師如来

門前の辺りはこの世とあの世の境域、
冥界の通り道
六道の辻と言われています。

六道とは
人間の生前の善悪によって
導かれる冥界のこと。
天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄の
六界に分けられるそうです。






13tinnouji01.jpg

特別拝観 寺寶展をやっていました。
ちなみにお詣りしたのは2013.09.25です。






13tinnouji02.jpg

閻魔堂
閻魔像と小野篁像がいつもなら、
小窓からしか見られないのですが、
この日は扉が開けられています。
撮影は禁止なので、建物だけ撮影






13tinnouji03.jpg

迎え鐘
毎年盂蘭盆にあたって精霊を迎えるために
撞くので「迎え鐘」というそうです。
この鐘は、古来よりその音響が
十萬億土の冥土にまでとどくと信じられ、
亡者はそのひびきに応じて
この世に呼びよせられるといわれているそうです。





13tinnouji04.jpg

本堂

中に入って、
ご本尊のお詣りとお話を聞き、
十界之図なども見せていただきました。





13tinnouji05.jpg

日中は学者官僚として内裏に務め、
夜は閻魔大王に努めていた小野篁が
閻魔王庁へ行く入り口の井戸が残っています。

建物から降りての撮影は禁止
でも、降りて見学は出来ます。




13tinnouji06.jpg

冥土通いの井戸

ここが入り口の井戸です。
この世に戻ってくる出口の黄泉がえりの井戸は
近年発掘されました。

出口は嵯峨と言われていました。
そのことを猫舌さんが質問すると
文献には載っていたのですが、
よその土地だったので調査が出来ず、
近年買い取って発掘したと言うことでした。

撮影は出来ませんでしたが、
黄泉がえりの井戸も見学させていただきました。







13tinnouji07.jpg

いただいた御朱印

特別拝観の時には
限定御朱印も出ます。





ブログランキング・にほんブログ村へ







12 : 02 | 京都 お寺 | トラックバック(3) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ